買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました

茶匠のこだわり

わたなべの茶本舗のこだわり

「お茶の伝統文化、おもてなしの心を大切に」
わたなべの茶は一人でも多くの方々に美味しいお茶を飲んでいただき、よりたくさんの笑顔に 出会えるよう日々真剣にお茶と向き合っております。

茶匠のこだわり

茶葉の「形」「色」「香り」にこだわり、茶葉によって異なる個性を大正13年から受け継ぐ技術により 常に愛される「わたなべの茶」を目指しております。世界農業遺産認定「茶草場農法」の茶葉も取り扱っております。

受け継ぐ技術のこだわり

「銘宝技匠」の心。大正13年から受け継いできた「わたなべの茶」の技術。
お茶は、摘まれた生の茶葉を「蒸し」「揉む」「乾燥」「仕上げ」「ブレンド」 の行程を経てはじめて皆さまのお手元に届きます。
これらの行程には機械任せでは不可能な、茶匠の豊富な経験と卓越した技術が必要になり、掛川茶の香り・旨味・甘味・渋み・苦味を決める大事な要素となります。

・火入れ乾燥
茶葉を乾燥させ、独自の味や香りを引き出します。その日の気温や温度・荒茶の状態によって変わる火入れ加減は、熟練の茶匠の研ぎ澄まされた「五感」で的確に調整します。


・仕上げ
荒茶には茎や葉など様々な形状が混ざっています。ふるい分けや切断をし、形を整えます。


・ブレンド
掛川茶の味を活かすように、選定した各種の茶葉を配合します。配合具合にも長年培ってきた技術が必要です。違う産地・条件で作られた茶を組み合わせることで、品質の向上を図ります。


銘宝技匠-めいほうぎしょう-
「茶師の技・永遠の宝なり」自らお茶の世界に進み一から茶に向き合い、茶の良し悪しを見極める技術は先人より学び継承していくと同時に、己の技として一生の宝物となり得る。

お茶へのこだわり

お茶は毎年が1年生と言われ、その年の気候によってお茶の出来具合がかなり左右されます。
そこで当店は「目で見る」「手で触る」「口で味見する」ことを日々の仕事の中で培い、常にお茶と向き合うことで 良質茶の選択力を身に付ける努力をしております。

愛され続けるためへのこだわり

毎年各地で開催される品評会に出品し「安全性」「品質向上」「茶に接する姿勢」を確立しております。
「わたなべの茶」=皆様に愛されるお茶であり続けるため日々精進し、こだわりの心をもって最大限の努力と創造をしていく所存でございます。

身近な「わたなべの茶」へのこだわり

より身近で親しみやすいお茶であり続けるため第2東名高速道路「藤枝PA上り」に商品販売。
掛川駅「これっしか処」で月1回1週間店頭販売など積極的に「わたなべの茶」を知ってもらう活動をしております。

SNSにて催事やイベント随時更新中