買い物カゴに追加されました
買い物カゴに追加されました

お茶がウイルス予防に効くという研究結果

新型コロナ・インフルエンザへの効果の期待高まる緑茶

お茶による「新型コロナ無害化の効果」について
お茶は以前からインフルエンザなどへのウイルス抑制効果があるという研究結果がありましたが、2020.11.27に奈良県立医科大学で30分でほぼウイルスが不活化したお茶もあったという研究結果が 発表されました。

産経新聞ニュースから引用・・
奈良県立医科大学(同県橿原市)は27日、新型コロナウイルスが市販のお茶によって無害化する効果を確認したと発表した。 基礎研究段階で人での効果は未確認だが、試験管内でウイルスが1分間お茶に触れることで最大99%が感染力を失っており、感染対策の一つとして期待。
商品により効果に差があり、メーカーの許可を得て商品名の公表を検討するとしている。
実験は同大の矢野寿一教授(微生物感染症学)の研究チームが実施した。実験ではペットボトル入りの緑茶や紅茶など約10商品を使用。 試験管内でウイルスとお茶を混ぜ、経過時間ごとの感染力を持ったウイルスの量を検査した。
最も効果が高かった茶葉から淹(い)れた紅茶で、感染力のあるウイルスは1分間で100分の1、10分間で千分の1以下まで減少した。 矢野教授は、人への効果について「可能性の段階」とした上で、「インフルエンザでカテキンの効果は確認されており、お茶を飲むことで同じような効果が期待される」と話した。
矢野教授によると、カテキンはインフルエンザウイルなどの表面にある突起状のタンパク質に付着し、感染力をなくすことが確認されており、新型コロナでも装用の効果が推測されるという。

読売新聞から引用・・
市販のお茶に新型コロナウイルスを不活化(無害化)する効果があると、奈良県立医大(同県橿原市)が27日、発表した。 30分でほぼウイルスが不活化したお茶もあった。飲料メーカーに結果を伝え、より不活化させる力が強い銘柄を見つけ、商品名を公表する。 実験したのは、市販されているペットボトル入りの緑茶2種類、茶葉から入れた紅茶と大和茶の軽4種類。ウイルスが入った液体を混合し、作用を調べた。 その結果、30分後には紅茶は99.99%までウイルスが減少。ペットボトルでは緑茶1種類も99%まで減り、別の緑茶はあまり変化がなかった。
ボトル入りのお茶や茶葉など数百種類以上から無作為に選んでおり、矢野寿一(微生物感染症学)は「感染力を失わせるの力が高いお茶とそうでないお茶があった」と説明。 不活化する仕組みは不明だが、お茶に含まれるカテキンが関係する可能性を指摘した。 飲用しての感染予防効果は検証していない。MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所の細井裕司所長は「会食時にコロナ対策ができる可能性がある。今後、不活化のメカニズムなどを明らかにしたい」と話した。

お茶は機能性総合飲料 ※静岡県茶業会議所より引用

・動脈硬化、脳卒中予防、血圧降下
γ-アミノ酪酸を生理的に強化(ギャバロン茶)
お茶の中には、血中上昇物質の生成阻害作用があることを元東北大学の日黒熙先生らが発表しています。また、元日本医師大学の福生吉裕先生は、お茶を飲むことによって、善玉コレステロール(HDL)が体内にふえ、 動脈硬化を予防すると発表しています。血圧降下に大きな働きをするγ-アミノ酪酸(GABA)の含量を高めたお茶が農林水産省・茶業試験場(現国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹茶業研究部門)で開発され、大妻女子大学名誉教授の大森正司先生の研究で血圧上昇抑制作用が証明されました。

・虫歯予防、口臭抑制
カテキン類やフッ素
「お茶を毎日コップ一杯飲むだけで、日本の学童の虫歯は半減するであろう。」と、長年虫歯予防研究をされた元東京医科歯科大学の故大西正男先生が提言しています。これは、お茶のフッ素が有効な働きをするからだとしています。カテキンやお茶のフラボンなどを利用した口臭予防剤や、虫歯予防歯磨きも出来ました。

・知的作業能力、運動納涼の向上「朝茶は七里帰っても飲め!」
カフェイン
お茶の中のカフェインは、大脳などの中枢神経に興奮作用をもたらし、知的作業能力や運動力も高められることを、元静岡女子短期大学(現静岡県立大学短期大学部)学長林栄一先生は長年の研究で証明しています。またカフェインは強心作用や利尿作用を示し、精神に安らぎを与える事もわかっています。

・食中毒予防(病原性大腸菌O-157にも有効)
茶カテキンの殺菌力
「お茶を飲みながら食事をすれば、食中毒は防げる。」と、昭和大学医学部名誉教授の島村忠勝先生はお茶の殺菌力の有効性やお茶がコレラ菌を殺す強い力があること、赤痢菌・腸炎ビブリオなど腸に感染する病原菌に効くことも発表しています。また、社会問題になった病原性大腸菌O-157に対しても茶カテキンの殺菌力は有効であることを証明しました。 そのほか、乳幼児の腸内で増殖し、ひどい下痢を引き起こすロタウイルスの感染を強力に阻止する成分がお茶にあることを、東北大学医学部で明らかにしました。

・美容と健康
ビタミンCが豊富
緑茶のビタミンCは比較的熱に強く保存にもすぐれた特性があります。ビタミンCは人体内のあらゆるところで作用し、一日の所要量は50mgです。またノーベル化学賞・平和賞を受賞したライナス・ポーリング博士は、ビタミンCの大量摂取によりウイルス感染への抵抗力が増し、色々な病気の予防や治療に効果があると提唱しています。また、ビタミンCは、美容の点からも、肌に弾力性を与え水分の減少を防ぎ、肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑制する効果もあります。

・発がん作用抑制効果
カテキン類で立証
人の細胞に突然変異を起こし、ガンを誘発する原因に対し、緑茶がそれをおさえる極めて強い作用があることが国立遺伝学研究所の故賀田恒夫先生らの研究で証明され、また、静岡県立大学名誉教授の小國伊太郎先生は、疫学調査から緑茶が胃ガンを抑制する効果がある事を発表しています。さらに、国立遺伝学研究所の故黒田行昭先生は、緑茶のビタミンが発ガン物質の細胞への作用を抑制することを発表しています。

・ノンカロリーで豊富なミネラル
私たちの食べる肉・魚・卵・米などは酸性の食品です。人間の体は、健康な状態の時は、弱アルカリ性に保たれていますが、お茶は私たち体の酸性化を防ぐのに適した多くの微量要素・ミネラルを豊富に含むアルカリ度の高い飲み物です。 カロリーはゼロで、カリウム・ナトリウム・カルシウム・マンガン・銅・亜鉛・フッ素・セレン・ニッケル・モリブデン・・など多くのミネラルを含んでいます。「妊娠中は。抜群の亜鉛供給源となる緑茶を適度に飲んだ方が良い」と元鹿児島大学医学部の故森一郎先生らの研究グループが発表しています。

・血糖値降下作用
ポリサッカライド(茶多糖)効果
「お茶をゴクゴク飲めば糖尿病が抑えられる。」と、元富山医科薬科大学の清水先生と農林水産省・茶業試験場(現農研機構果樹茶業研究部門)の研究グループが発表しています。

・老化防止
ビタミンEを上回る効果
私たちの体内にできるフリーラジカルや過酸化脂質の生成を抑え、老化を防ぐとして、今話題のビタミンEの効果を上回る(実験データでは約20倍)効果が、緑茶にあることを元岡山大学の故奥田拓男先生らが明らかにしています。また、静岡県立大学名誉教授の富田勲先生らは、お茶や、お茶の葉の微粉末を使って微生物や動物で実験を行い強い突然変異抑制作用や抗酸化作用のあることを証明しています。